つまり、人生が向いていないんだな?

 

優介さんがガチロリだった頃でも、立派な大人になれるなんて期待はしていなかったけど

大人になってもモスバーガーと信玄餅が綺麗に食べられないとは、予想外です

やったぁネオテニー

 

 

エロ創作が大好きだけど、実際にSEXをするのはミミズで満たされた浴槽に浸かるくらい嫌

ミミズ風呂で子供が溺れていたらしょうがないから助けにいくけど、僕がSEXして助かる子供はいないので、しない

 

人を好きにはなるけど、性愛者の言う”好き”とはやっぱり違う

『優介さんは人間のことも芸術品のように見ている』と言われましたが、その通りです!

顔の綺麗な人、歌の上手い人、口が達者な人等々を、良い作品だなぁと思ってお気にいってるだけです

 

 

他人に対してだけでなく全てに対して、自分の人生ですら、僕は”無責任な観察者”の視点以外にはなれない

その引いた立場からの感じが、馬鹿にしてるように見えてしまう

どんなに真剣に中原一也先生を褒めても、ファンから怒られそうな感じになってしまう

だってどうしても笑っちゃうんだもん

 

好きが高じれば、観察者からプレイヤーに視点が変わっていく、というのが定説

でも僕は、どんなに魅力的な人がいても、観察者の立場をやめたくない

 

 

でもそれはそれで才能なんだと思います

良い実践者は良い評論家にはなれないし、逆もまた然りです

外野から好き勝手コメントするのが、僕には向いている

 

 

他人にはあれこれ言うけど、自分の人生はシベリア超特急

それが僕です

 

♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

でもその自覚があるところが偉くない?

0
      

    スポンサーサイト
    0
        
      • -
      • 22:24
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      こんばんは優介さん。

      とても興味深く読みました。

      敢えて聞きにくいことをお聞きします。
      「無性愛者」というのは不勉強でよくわかりません。
      つまり、他者に対して、性的欲求を感じないということでしょうか?

      それだけをちょっときくと、「普通の人=多数の人間」が備えているはずの感覚・情緒の「欠如」という連想が浮かんできます。逆にそのような人たちからみれば「多数派」は不必要な感情を持ち、それに振り回されて可哀想。という見方も成り立ちます。

      うまく言えませんが、わたしは自分自身を普通の人間であるとは思っていません。「多数派正常の原則」には当てはまりません。

      わたしは「これこれの理由で」ということなく、ただ、誰よりも変わった、異形の者フリークであると思っています。

      優介さんはマイノリヒであることと「生き辛さ」は関係があると思いますか?

      「自己を丸ごと肯定していますか?」

      ・・・なんだかもっと訊きたいこと、話したいことがあったはずなのっですが、自分の不器用さで、相手を傷つけることに懲りています。

      この記事、またまだよく読んでいませんが、最新の記事をまたわたしのブログに使わせてもらっても構わないでしょうか?


      • Takeo
      • 2019/01/18 6:16 PM
      訂正

      ●マイノリヒ → マイノリティ

      ●誰よりも変わった、異形の者フリークであると思っています

      →誰よりも変わった、異形の者・・・フリークであると思っています

      また自己を丸ごと肯定というのは、言うまでもなく、自分に嫌いな部分がない、という意味ではありません。
      自己の存在の根源的な在り方を・・・という意味です。
      • Takeo
      • 2019/01/18 6:22 PM
      こんばんは

      僕は性欲はある…つもりなんですけど、あくまでエロティックな想像力が好きなのであって、現実の性愛はちょっと勘弁してもらいたい感じです
      少なくとも、性欲をを向けられるのは嫌いです
      恋人が欲しいと思わないし、思わないことへの焦りもないです

      感覚や情緒の欠如、というか歪み?は少なからずあるでしょうね(病人であり、障害者ですし)
      不必要な感情というか、恋愛も趣味の一つ程度にしか捉えていません
      音楽でも食でも、興味ない人は興味ないですし…
      趣味の違いかなぁ、と

      社会は多数派に合わせて作られているので、マイノリティであることの生き辛さという

      のは少なからずあるかと思います
      少数であることを強味にして生きている人もいますが、簡単なことではないですね

      自己肯定という言葉は難しいですね
      僕は自分の肉体にも能力にも全く納得がいかないし、好きじゃないですが
      自分の視点でしか物事を見られない、自分の感覚でしか感じられないことを絶対の自己愛として、疑ったことはないです
      法に触れるようなものでなければ、自分は自分、でいいんじゃないでしょうか
      僕はあまり、自分が異形であること自体にについて悩んだことがないです(そこが一番異形なんでしょうね)


      ブログの記事ですが、どうぞ、お使いください
      まあお手柔らかに^^;
      • 優介
      • 2019/01/18 8:26 PM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

          
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << April 2019 >>

      profile

      links

      booklog

      twitter

      web拍手

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 優介さんブログ10周年おめでとうございます
        優介
      • 優介さんブログ10周年おめでとうございます
        冷男
      • 優介さんブログ10周年おめでとうございます
        磯峰スパゲティ
      • 正に自ジャンル
        優介
      • 正に自ジャンル
        Takeo
      • つまり、人生が向いていないんだな?
        優介
      • つまり、人生が向いていないんだな?
        Takeo
      • つまり、人生が向いていないんだな?
        Takeo
      • ぐだぐだのツケが年末年始にきてる
        お久しぶり優介です
      • ぐだぐだのツケが年末年始にきてる
        鬼畜メロン

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      PR