^^;この顔文字が一番好き

 

殺したい嗜好の奴と、殺されたい嗜好の奴が出会えばお互いwin-winじゃね!?

↑とか言ってる馬鹿いるけど、その理屈が通るなら、結婚できない男と女が世の中にこんなに溢れてるわけないだろ(笑)

 

 

なんか誤解されがちなんだけど、優介さんはサディストです

えっ?^^;

 

マゾヒスティック人格障害者=マゾじゃないし、猟奇殺人犯=サドでもないんだけど

まあその方がわかりやすいんだろ

 

極端な物同士は似る、というのが僕の哲学ですが

極端なサディストとマゾヒストも、殆ど違いはない

攻撃性が外に向くか内に向くかなんて大した違いではなく、攻撃的な嗜好を持つ、ということだけで充分だ

 

メンヘラなら、受動攻撃性という物をよくご存じだと思いますが

これはサディズムだろうか、マゾヒズムだろうか

 

自分が傷つくことで、相手を加害者として”責める”のが、加虐的でないとは言えない

間接的に相手の精神を傷つけて、ちょっぴり悦んでるんじゃないのか

僕はちょっぴりじゃなくて、くっきり悦んでる

 

サディスティックな欲望に基づく被虐ってのも、あるんだよ

でもこの話題はもう飽きた

 

 

最近更新が多いのは、行動というものをやめたので、その分頭の中が忙しくなったのです

これは子供の頃からですが、僕は肉体的に、徹底して暇な生活をしている

学校に行くのも遊ぶのも嫌いで、ただ一人になって考えていることが僕の娯楽だった

頭を使うコツは、それ以外を使わないことだよ(でも精神がおかしくなるよ)

 

その結果が引きニートだから、絶対に真似するなよ!

 

♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
いや、しねーよ^^;

0

    僕は平等主義者です

     

    外出した翌日は、床が斜めにせりあがってくるように思えたり、頭と体が逆方向に引っ張られてるような感覚がします

    ちょっとのことで疲れすぎます

     

    ブラウザを二窓して、左の窓で好きなキャラの笑顔を開いたまま、右の窓で地獄のようなエロ絵を見るのがマイブームです

    ディスプレイの中に天国と地獄が出来上がっていい感じです

    右でどんなえげつないことが行われているかも知らず無垢な笑顔を浮かべているキャラに興奮して、僕も笑顔になれます

    みなさんも是非やってみてください

     

    そのキャラのことが可愛すぎて、逆にそのキャラをHな目で見れなくなってきました

    その子を見るたび、頭の中に孫が流れる

    殆ど祖父母の気持ちになってしまった

    とにかく、ただ普通に幸せでいてほしい

     

    そういえば、僕は小さい頃女性しか愛せなかったことを思い出しました

    でも僕はエロに関してはサディスティックな欲望の持主だったが、妄想でも女性に酷いことをするのは抵抗があった

    そしてある時、『そうか、男ならいいのか!』と気づいた(※もちろん駄目です)

    性癖ってこうして歪んでいくんですね

     

    ☆☆☆☆☆☆☆

    にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
    にほんブログ村

    愛は性欲の先にあるな

    0

      脱衣漫画でも着衣の方に目がいく

      ※またBLとかの話だよ

       

       

      鬱気味だったのでyahooコミックス無料コーナーでぬ〜べ〜を読んでいたら、玉藻がぴっちりアンダーで何か目覚めました

      ぬ〜べ〜と言えばおっぱい漫画で有名だけど、ショタもBLもあるし多方向にサービスのある良い漫画ですね…

      やっぱり鬱を乗り切るのにスケベ心は大事ですね

       

       

      団塊だのゆとりだの、変に固定概念を押し付けるつもりはありませんが、やはりその世代の個性、思想ってのはありますよね

      一昔前の物に触れると、今とは違う哲学を感じます

      ってBL読んでて思いました

       

      同じような見た目、同じような属性のキャラクターでも、時代によって腐女子の受け攻め判定が異なるのです

      10年前ならきっと攻め派が多数だったようなキャラが、今受けとして大人気だったりするんです

      これはきっと、世代の性癖

       

      極端な例を挙げれば、その昔、下ぶく…ふくよかな女性が美しいとされたように、性癖にも世代の個性があるんです

      いつも、おっ可愛いなと思ったこが攻めだったり逆カプな僕は、世代に馴染めていない

      もしくは、やっぱり20代と言うのは妄想で本当は痴呆老人なのかどっちかです

      ミスった…生まれる時代間違えた…

       

       

      ロン毛クール美人受けが主流の時代に行きたいよ

      合法ロリメンヘラ受けが主流の時代にはもっと行きたいよ

      でも時代は病んだ方向に進んでるから、メンヘラ人気はこの先くるかもわかりません

      そしたら僕も腐女子に食わせてもらえますね

       

      ☆☆☆☆☆☆☆

      にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
      にほんブログ村

      もらえない

      0

        題材はどうあれ、言ってることはまじめです

         
         
        今日はBLとかスケベな話だよ、気を付けてね


        エロ漫画や萌え漫画には数多の嗜好がありますが、その殆どの作品に共通する最強の萌え要素、それは無知・無自覚だと気づきました。

        わかりやすいので、無知シチュという、性的に無知な子にHなことをしてしまうというジャンルがあります。
        マッサージと称してスケベする漫画で、最後に女の子が『知らなかった、マッサージってSEXのことだったんだね』と言った時は、いやSEX知ってんのかよ…と大変脱力しました。

        これは無知シチュという特殊ジャンルとしても、BLや少女漫画といった、今時の恋愛物の多くに無知・無自覚要素が含まれていると思います。

        ゲイ物やBL作品なのに、ノンケのキャラが多いのも、ある種の無知シチュだと思います。
        男同士なんてわかんない><というのが萌えるのだろう。


        スーパー可愛くてモテモテで人の心の機微にも聡い、よく気のつく受けさんは、なぜか自分にゾッコンな攻めさんの好意にだけは気づかないのだ。
        自分の魅力に自覚済みな小悪魔受けさんも、結局のところ、攻めさんが自分に向ける真実の愛にだけは懐疑的なのです。

        なんでやねん!

        なんでやねん!

        なんでやねん!

        そういう意味で言ったら、僕も相当の萌えキャラです。
        たまに褒められたりすると、何だこいつネズミ講か何かか?と思わずにいられない、典型的な人の好意を信じられないメンヘラ、そう、無自覚受けは僕だったんだ!


        自分はみんなから嫌われている、愛される価値なんてない、そう思っている人達へ
        君は無自覚萌えという、最も人から愛されるすごい魅力を持った人なんですよ

        ☆☆☆☆☆☆☆
        にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
        にほんブログ村
        あとはこの魅力を金にする方法さえ編み出せればね
        0

          まあキャットファイトAVとかあるしね


          家族がスカパーのスポーツチャンネルに加入してから、アメリカのプロレスをよく観ています。
          中々面白いです。
          単純に番組内容の面白さだけでなく、会場に来てるちびっこは将来リョナやヒロピンが好きになるんだろうか…とか、心理的にも面白いです。あとイケメン美味しいです。


          これは真剣な話なんですが、プロレスとAVの違いについて真剣に考えました。

          何を馬鹿なことをと思うかもしれませんが、例えば、大抵の人は赤と青の違いが簡単にわかりますが、じゃあそれを赤と青を知らない人に説明できるか?って言うと、それは結構難しかったりします。
          それと同じように、プロレスとAVも簡単に見分けがつくけど、言葉にすると以外と差がないんです。

          〜プロレスとAV類似点〜

          裸で二人一組(おおまか)になってくんずほぐれつする
          フィクションだけどフィクションと言っちゃいけない
          ルックスが重要視される
          痛いことをしたりされたりしてるところを見て喜ぶ
          汁まみれ
          コスプレ要素
          下品なことを言って興奮する
          昔はビデオだったけど最近はDVDや動画配信が主流

          もう下半身を露出してるか否かしか明確な違いはないんじゃないかな…
          でも古代のレスリングは下半身を露出してやったわけだし、うーん…


          ただ一つ言っておきたいのは、確かにプロレスはAVによく似たジャンルだけど、それ以上にAV、と言うかアダルトコンテンツの幅が広いってことなんですよ。
          この世の中に、Hじゃない物なんてないんです。
          より正確に言えば、人間はどんな物にでも興奮する可能性を秘めているのです。

          探せば紙コップとかさんずいへんとかに興奮する人だっている(多分ね)。
          誰が特別いやらしいとか、ノーマルかアブノーマルかなんて下らないことです。
          みんな変態でみんないい。いいこと言った。

          ☆☆☆☆☆☆☆
          にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
          にほんブログ村
          僕がプロレスをそういう目で見てるってことしか伝わってない気がする
          0

            まあ無性愛者ですけどね

             
            痛かったり悲しかったりすると、気を紛らわそうとなるべくエッチなことを考えます。
            なるべくバカらしい方がいいです。
            バカバカしい人生よりバカバカしいひと時が嬉しい…ってやつですよ。
            僕は平成生まれです。


            苦行によって煩悩からの脱却を試みる人がいるくらいですから、
            僕が煩行によって苦悩から逃れるようとするのはとっても理に適っているのです。
            煩行という言葉があるかどうかは別として

            僕も創作の才能があったら是非エロをやりたい。
            アイディアはあるんです。
            主人公が朝目を覚ますと上半身と下半身が別が分離していてソロプレイっていうのを考えたんですが、どなたか作画をお願いしたい。


            バカバカしいエロが好きな人は、もの凄く人生楽しんでいるか、もの凄く悲観してるかのどっちかだと思うんですよ。
            まともなテンションでんにゃあああはああみたいなのが楽しめるというのか

            だからスレHを見ても、バカエロサイトを見ても、『もしかして、この人はもの凄く悲しいのかもしれないな』と思います。

            ハート記号の乱舞するエロ作品を見て、作者のことを考えてちょっと切ない気持ちになる
            それが僕の日課です。

            ☆☆☆☆☆☆☆
            にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
            にほんブログ村
            ベルゼブブがブスすぎて悩むっていうシリーズも考えてるんですよ
            0

              腐女子の心理から異性愛に飛び、無性愛に着地する話

               
              腐女子の心理というのは結構語られることが多いですね。
              女性性からの逃避とか社会性がどうとか、たくさん意見はあるんだけど、なんかマニアックな性癖としてケチつけたいだけじゃね?っていうのが多いし、なんか小難しいばっかりでしっくりこない。
              腐女子の心理、というとあれですが、”異性を恋愛対象としながらも、同性愛作品に惹かれる者の心理”として、僕は一つ、すごくシンプルな答えを見つけている。それは


              異性愛は味が混ざる


              ということです。

              ケーキもお肉も美味しいけど、一緒には食べたくないよね
              というのを、性愛にも感じているのです。
              女の子も男の子も可愛いけど、一緒に食べたら味が混ざります!

              多くの人が異性愛の味の混ざりが気にならない、というのはどういうことか。

              大抵の人は、異性愛を見る時、男女どちらかの視点で見ている。
              と、すれば実際のところ味わっているのは残ったもう一つの性別のみ、よって味は混ざらない!!!ということなんだろうか。
              なるほどな…完全主観AVとかあるもんな…

              僕は性自認が無性で男女どちらの視点にもなれないため、『味が混ざるよ!』となってしまうのかもしれない。無性自認の知り合いいないからわからない。

              ☆☆☆☆☆☆☆
              にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
              にほんブログ村
              欧米ではお肉にベリーソースかけたりするけど、まさかバイs(略)
              0

                更新できてるよね(´・ω・`)

                 
                昨日更新したつもりだったのに、今見たら更新されてませんでした。
                しょんぼり(´・ω・`) 


                やっと鏡を新しく買いましたが、重たいのでこれが倒れてきたら死ぬ、
                ということでちゃんと壁に固定するまでは使わせてもらえないそうです。

                鏡が押しつぶされて死ぬなんて何だか耽美で素敵だと思うの…
                オスカー・ワイルドっぽくてありだと思います


                最近の優介さんの一番の娯楽は、スレH鑑賞です(※無性愛者です)

                金銭の絡まないエロ創作(?)って素晴らしいですよね…
                僕も才能があったらエロ作家になりたかったです。
                誰か僕の代わりにエロ絵描いてください


                僕はエロ関連になると笑いのハードルが極端に下がり、
                ちょっと擬音が長いだけでのたうちまわって笑いころげます。

                理解に苦しむ物程興味深いです。
                胎児を食べるクリーチャー獣人役の男性を募集していた女性とか素晴らしいです。


                無性愛者と言っても、性交渉を必要としないだけで性欲はあるつもりなんですが、
                スレHとかを見てるとやっぱり性欲ないのかもしれないという気になります。

                僕の思ってる性欲とみんなの言う性欲は違うのかもしれない
                エロ創作物に興奮する人の気持ちが理解は出来るが、共感はできない

                ☆☆☆☆☆☆☆
                にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
                にほんブログ村
                エロスの解剖2を書くしかない
                0

                  メンヘラ視点の性欲

                   
                  最近、エロ創作界でエロアプリがブームですね
                  携帯のエロ広告でも複数見ました。

                  もはやアプリってのがアダルト用語の一種に思えてきた優介です
                  本質的に催眠・超能力系と変わらないんじゃないかな!


                  この流れで言うのどうかと思いますが、僕は性嫌悪者です。本当です。
                  ただ、性嫌悪と同程度の性欲があり、結果全く相殺されず混在しているのです

                  エロ創作物が好きな一方で、エロビジネスが大嫌いです
                  見事に性欲と性嫌悪、両方成立させていますね(?)


                  エロ創作物を誰視点で見るか、というのはよく話題になりますが、
                  僕はヒロインでもヒーローでも神様でもなく、あくまで読者というスタンスを保ちながら読むところが性嫌悪っぽいと思います

                  読者として、作者さん(素人に限る)の爆発する性の想像力がみたいんです。
                  『こういうのみんな好きなんだろ?』的な商業物は性嫌悪を刺激されます。


                  結局のところ、性の持つ特有の『ゲスさ』を過敏に感じ取ってるんでしょう
                  優介さんが潔癖なロマン主義者なのがいけないんですね
                  僕の美意識が高いばっかりに…


                  ☆☆☆☆☆☆☆
                  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
                  にほんブログ村
                  全裸はエロくないと思います
                  0

                    こういうこと書くと絶対鬼畜さんからスルーされるって経験上知ってる

                     
                    子宮は宇宙



                    優介さんは女性崇拝です。正確に言うと、女神崇拝です。

                    こう書くと、優介さんが病的な女尊男卑思考だと思うかもしれませんが、それは違います。
                    僕は平等主義です。性別で人間の価値が決まると思ったことは一度もありません。

                    ただ、優介さんが個人的女の子が好きなだけなんです。
                    肉体的な存在がより精神的な存在に支配される、というシチュエーションが好きなんです。

                      ←          →  
                      男    優介    女    
                    的                的


                    ↑でわかるように、優介さんは男性を支配したくて、女性に支配されたいんですハァハァ



                    女の子は全員女神なんです。

                    Q:なんで女性は女神なんですか?(茨城県:磯峯スパゲティさん)

                    お答えします。
                    女の子は子宮がありますね?
                    子宮は新しい生命を育む・・・そう、宇宙なんです!
                    そして宇宙を自分の中心に抱え込んでいる女の子は、そりゃあもう天と子精霊なんです。
                    やったーーーー
                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>

                      profile

                      書いた記事数:2036 最後に更新した日:2019/10/15

                      links

                      booklog

                      twitter

                      web拍手

                      ウィログ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 僕がスポーツしたらそれだけで面白い
                        優介
                      • 僕がスポーツしたらそれだけで面白い
                        鬼畜メロン
                      • 小学生の頃、社会科見学でゴミ処理場へ行きました
                        優介
                      • 小学生の頃、社会科見学でゴミ処理場へ行きました
                        つめお
                      • メンヘラ探偵マイラリー(終)魔法少女メンヘラー(新)
                        優介
                      • メンヘラ探偵マイラリー(終)魔法少女メンヘラー(新)
                      • サブちゃんとタメを張る優にゃん
                        つめお
                      • サブちゃんとタメを張る優にゃん
                        優介
                      • サブちゃんとタメを張る優にゃん
                        心理カウンセラー
                      • おしゃれして行く場所がないのに
                        優介

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      PR