背中に八代観音

 

もっと、突き放すような優しさがほしい

宇宙に触れられないからこそ、地球で生きていけるみたいに

 

 

ブログ村フォロワー数減少ありがとう!

みなさんと僕のおかげです

 

 

外を歩いていたらいつトラックにはねられるともわからないから、転生した際の設定はキッチリしておきたい

ある日突然音楽の才能に目覚めるかもしれないから、今から歌詞を書いておく

僕はそういうタイプ

 

 

でも僕は勇者になって俺TUEEEするのも、悪役令嬢になってイケメンと結婚するのも興味ないな

優介さんにとって最高に都合の良い幸せって何だろうか

 

 

僕は社会的に評価されることも、幸せな家庭を持つことも興味なくて

好きな音楽聞きながら高速道路を飛んでいられたら幸せだ

 

 

…トラックに向いているのでは!!!????

 

 

激突して中身が入れ替わるってのもフィクションの定番だから、あり得るな

でもおっさんの汗は吸いたくないかな…

 

 

不幸を抱えているから死にたいとかじゃなくて、生物の一生自体が僕はあんまり好きじゃないみたいだ

お金稼いで、みんなからチヤホヤされて、愛する人に愛されて、子孫を残して

それの何が面白いのかよくわからない

それが出来ないから生きてるのが辛い、という人ばかりだけど、僕はそれじゃない

 

これは先天的な間違いだ

いつかは精神医学が発達して、先天的に生きる欲求が薄いという精神障害が解明されるのかもしれないが

現時点では、精神科医もそんなことは認めない

 

 

もしかしたら、もう既に入れ替わっているのかも…

忘れているだけで、前世はトラックで、人間とぶつかったのかも…

 

トラックは動物じゃないので、群れの中で手柄を立て、子孫を残したいという欲求はないだろう

音楽を流して高速道路を飛びたいという欲求の方が、よっぽど自然だ

 

 

これはいよいよ優介=トラック説が濃厚になってきた…

 

ということは、中身が人間のトラックがどこかにいるってことか

こっわ

 

 

♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
こういうラノベももうあるのかな…

0

    ホモを読みすぎて、共感という視点の楽しみ方を忘れていた

     

    電話ボックスに人が入っているのを見かけて、つい「あっ!」って言っちゃった

     

    思い出は幽霊

    成仏できずに大脳皮質をさまよっている

    いつか、僕も幽霊

     

     

     

    自己評価を高めるのは簡単なことではないが、既に獲得している、無自覚な自己の過大評価に気づくことは出来ると思う

     

    素敵なあの人が、俺の気持ちを代弁している!と思っているならそれは勘違いだ

     

    クソみたいな無能一般人である自分が

    自分より顔がかっこよくて、人望があって、能力が高くて、社会で成功していて、マニアの評価も高い、あのアーチストと同じマインドを持っているなんて

    それは行き過ぎた自己評価だ

     

     

    『太宰は俺だ(>_<)』と言っているただの陰キャ、お前は太宰じゃない

    太宰はイケメンで才能ありすぎて逆に孤独を感じてしまう、みたいな人であって

    ブスでキモくてみんなに嫌われているせいで孤独な奴の気持ちは代弁していない

    もちろん、俺もユイスマンスではない

    知ってる

     

     

    自分が表現出来ないことを表現出来ている時点で、相手は己より格上

    僕より素晴らしい人が、僕の気持ちを拾い上げたりはしない

     

     

    もしくは、自分より下の人に合わせるスタイルのビジネスなんだよね

    キモくてモテないヒッキーからの共感を強みしている何らかのプロが、ファンよりもキモくてモテないヒッキーだったことはない

     

    僕も、わけわかんないこと歌って血まみれになってるバンド見て、メンヘラ的共感を得ているけど

    よく考えたらあいつらはバンドやる仲間がいて、奥さんがいて、CDやライブの売り上げが少なからずある

    僕は全部持ってない、一体何に共感していたというのだ

    でもプリブラ勢は犯罪者だから、音楽的才能を差し引いても僕のがマシだ、やったね

     

     

    ハイセンスでかっこいいアーチストが僕の気持ちを代弁していなんていうのは恥ずかしいドリームであって

    本当に僕と同レベルのマインドで世間に主張してるのは、ゴミ屋敷の主人とかだ

     

     

    でも夢を見てもいいんだよ

    それに、自分より遥かにイケてる人と自分を同一視するなんて、俺も大概自己評価高いじゃん!と思うことでポジティブ自覚でき

     

     

    追記

    底辺メンヘラの気持ちを代弁出来るのは、牛乳を拭いた雑巾臭いブログだけ!

     

    ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
    僕もゲッセマネの祈りには共感しちゃったなぁ…

    0

      敬称略

       

       

      左から2番目の耳毛が青い猫の配色センスに少し性的興奮を覚えたので、擬人化お願いします

       

       

      僕は、青木龍一郎が結構好きなんだけど

      彼の作品に触れると、すごく好きだなと思うし、もっと色々観たいと思うんだけど

      彼がどんな人か全然知らないし、活動自体もよくわかってない

      それについて、別に知りたくないとは思ってないけど、かといって一生懸命調べる程でもないかなって感じ

       

       

      このある種の興味のなさは『好きじゃないから』ではないと思う

      色々考えたけど、これはファンコミュニティへの興味の薄さではないか

       

       

      僕は決してそれを否定してるつもりもないから、どうか気を悪くしないでほしいんだけど

      例えばアニオタがどうでもいい情報まで知りたがったり、チャチなグッズも買い集めたがる理由の半分くらいは、オタクとしての見栄だと思う

       

      もちろん、本当に興味があって、本当に欲しいと思ってのこともある

      僕も、好きなキャラが食後にまんじゅう二個食うとかいう、クソしょうもない情報集めてニヤニヤしている

      ただ、スチルを印刷しただけの缶バッジ(同柄)を大量に所有したい理由となると『俺はこのキャラのBIGファンなんだぞ』という主張の面が大きいと思う

       

       

      オタクの中で、自分がより高位のオタクでありたいという見栄

      あるいは、自分はこのジャンルのオタクなんだからグッズを買わなければいけない、みたいな義務感

      他のオタク相手に、俺もオタクなんだと胸を張って言えるための保険

       

      今のオタクは、純粋な自分の欲望というより、そういった義務感によるオタクが多いように見える

      昔もそうだったのか知らんけど、少なくともそういう部分が可視化された

       

       

      それは全然悪くない、公式を潤わせてくれているのはそういうオタクだから、本当に素晴らしい

      ただ、『好きだから』と『好きだと主張したいから』はまた別の話なのだ

       

       

      僕は青木のファンに『こんなことも知らねえのに好きとか言ってんのかよwwww』と言われることに関して、何の感慨もないし

      そもそも青木のファンに興味ないから、絡むこともない

      だから、青木をもっと掘り下げないとという義務感が湧かないのだ

       

      平沢進の音楽はすごいと思うけど、ファンのノリは何か無理だし、ネット上の発言とかどうでもいい、みたいなことってあるんだ

      たまに言われるんですが、p-noiseは別にP-MODELを意識してません

       

       

      逆のパターンを挙げると、メタルは単に音楽だけでなく、メタラーやその文化込みで好きだ

      だから、ただ好きな音楽を聴くだけでなく、ルーツやファッション、言い回しなんかも知りたくなる

       

      ただ心の中で好きでいるか、ファンという生活様式を取り入れるかの差は

      結局のところ、コミュニティの魅力で決まることが多いのだろう

       

       

      なのに俺にはメタラーの友達がいない

      まったくおかしな話だよ

       

      ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

      にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

      メンヘラコミュにしか友達いないから、やっぱりメンヘラは最高

      0

        やるべきこと、それは納税

         

        web拍手ありがとうだよ★

         

         

        誕生日にトラックにはねられると、都合の良い世界観に転生できるというのは有名な話ですが

         

        ん…悪役令嬢になってないな…

        善良ニートのままだな…

        誕生日に出かけなかったからかな

         

        悪役令嬢に転生する女は『男避けてルート回避します!』って言ってるのに、結局イケメンと結婚するから嫌いだ

        タイトルで言ったことくらい守れよ

         

        普段やってるゲームの世界に転生するなら、俺は音ゲーの何になるんだ

        一瞬流れて消えるだけのノーツ人生も、今よりはマシか…

         

         

        精神の荒波に耐える人

        世界よ、これがHokusai katsushikaのDNAだ

         

         

         

        本当にただ寝て起きて、時間が過ぎるのを待つだけの生き方をしています

        あ、これは人として終わっているな!?

        ネットでホモを見るだけの機械になってしまう…

         

         

        金欲しい!結婚したい!子供欲しい!→でも出来ないから死にたい、というタイプのメンヘラではなく

        金も結婚も子供も興味ない、でも苦しいのは絶対無理、というタイプのメンヘラなので

        まあとにかく目標も夢もやることもない

         

         

        僕のような自主性のない人間は、他者の求めるように生きるのが向いている

        敷かれたレールの上を歩きたい人生でしたが、誰も僕を歩かせたいと思わなかったのです

        僕だけトミカタウン、ミニストップ状態です

        プラレールの上を走らせろよ

         

         

         

        でもこのままぼーっとして寿命が尽きるのは待つのはさすがに嫌すぎるので

        無理やりにでも、やることを探さなきゃいけない気がしてる

         

        気がしている

        気がしているんだ僕は

         

        ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

         

        にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
        僕も将来太田記念美術館入りします

        0

          明るい毎日の約束

           

          誕生日プレゼントに、amazonギフト券をもらいました

          これをぶっ込む価値あるエロ本を探すことを、これからの人生のテーマとしていきたいです

          ジジイと幼女を併せ持つ堅物イケメンがスケベな目に合う系で、オススメあったら教えてください

           

           

          さっそく全くエロくないギャグ漫画を買ってしまった

          これ犯罪かな…

           

           

          ★今日は優介さんの誕生日★ ★今日は優介さんの誕生日★ ★今日は優介さんの誕生日★ ★今日は優介さんの誕生日★

           

           

          365日で一番頭おかしそうな日に生まれてきたことに、因果感じます

          今年も狂った一年になるのかな

          誰か助けてください!

           

           

          今年こそは、もっと愛され素敵センス系ブログになりたいので

          文章に一定の割合で銀色夏生を挟むというのはどうでしょうか?

          最初は 優介9:銀色夏生1 くらいからスタートして、徐々に銀色夏生を侵食させていき、最終的には銀色夏生のブログにしていければ、僕という自我が消え失せて、僕のためにも社会のためにも良いと思います

           

           

           

           

          1つ歳をとって新しい日々のスタートだけど、これからのことを考える気力が全くないです

          もうこの先に夢を見れる年齢じゃない

          まあ7歳なんだけどね

           

          これからただ歳を取って、全てが悪くなる一方で、ただ死んでいくだけだってわかっている

          システマチック絶望一直線

           

           

          火葬場の向かいに建てられた老人ホーム みたいな

          老人ホームの窓から火葬場を見る老人 みたいな

          人生を生きている

           

           

          この先がわかっているのに、不思議と回避できない

          生まれてくることを回避できなかったのと一緒かな

           

          とにかくなるべく現実を見ずに今を過ごすしかない

          良いことだけを考え、ネガティブに押しつぶされないようにする

          そうすれば、いつか必ず破滅する

           

           

          た、たのしみだー(力強い一言)

           

           

          ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
           

          にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
          ポケ……ッ……トの中で……

          0


            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>

            profile

            書いた記事数:2151 最後に更新した日:2020/08/14

            links

            booklog

            twitter

            web拍手

            ウィログ

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM

            PR